桑原皮フ科クリニック桑原皮フ科クリニックは、最新鋭レーザー機器を導入し、お客様に親身になった治療を心がけています。

【ジベル薔薇色粃糠疹について】

|1|この病名について
ジベルとは、フランス人の皮膚科医でこの病気を初めて論文に記載した医師の名前です。

 

|2|薔薇色粃糠疹とは
皮疹の色調が白人の場合は薔薇色の色調であるという意味で、しかしながら薔薇の色にも色々ありますから、色調としてはピンク色から柿色に近い淡い赤の色調で、我々日本人の場合はこれに褐色が加わった色調を呈し、粃糠疹の粃糠とは皮疹の中央が粉がふいたような状況をさします。

 

|3|皮疹の配列・分布について
多くの症例では体幹に好発、皮膚割線に一致して配列する一方、播種状に散在多発しています。よくあるケースとして大きい皮疹(一般的に原発疹といわれている)が一つみとめられそのまわりに小さい皮疹が時期をづらして多数みとめられます。また症例は少ないのですが、上肢のみとか下肢のみに皮疹がみられ、体幹に皮疹をみとめない例があります。尚、本疾患はよく中毒疹と湿疹郡の両方の間に位置すると言われています。すなわち、中毒疹と湿疹郡の特徴を共に持っているということです。

 

|4|この病気の原因について
非常にいろいろなケースが考えられます。1番多いケースは、一般細菌感染・ウイルス感染を伴う場合で感染症の症状として皮疹がでる場合で皮疹の出現する数日前に感冒様の症状や扁桃腺が痛いなどの症状があるケースです。その他、ある種の薬疹としてみられるケースもあります。したがいまして、症例により原因を知るために血液検査を必要となります。

 

|5|この病気の治療について

 

本疾患においては、抗ヒスタミン・抗アレルギー剤の処方・ステロイド外用の処方が一般的ですが、それが不十分と考えられるケースは抗生物質などの併用が必要とかんがえられます。また、紫外線照射と静脈注射などの併用により短期間に皮疹の改善をみる場合があり、なお抵抗することが予想されるケースには皮膚科処置を行っております。放置した場合、数本には11ヶ月も皮疹が続いたケースが報告されています。通常は加療により数週間に治癒するケースがほとんどです。

{Keyword: ジベル薔薇色粃糠疹}




桑原皮フ科クリニック入口医療法人みやこ会
桑原皮フ科クリニック
〒188-0001
東京都西東京市谷戸町3-28-16
パークシティーひばりが丘1F
Tel.0424-23-1232
Fax.0424-23-3400

 

桑原メディカルケアセンター

 

 

インターネット予約サービス

インターネット予約サービスQRコード
順番が近づくとメールでお知らせ
インターネットから予約ができるシステムです。ご自宅や外出先から事前に空き状況を確認し、ご都合に合わせた予約ができます。
また、ご希望の方には診察時間が近づいたことをご希望のメールアドレスに通知する『お知らせコール』もご利用いただけます。予約忘れ防止に役立ちます。

パソコンからも予約ができます
→http://kuwa-hihu.atat.jp/