桑原皮フ科クリニック桑原皮フ科クリニックは、最新鋭レーザー機器を導入し、お客様に親身になった治療を心がけています。

【単純性疱疹について 】

皆さんご存知の様に単純性疱疹、別名単純性ヘルペスは単純性疱疹ウイルスの感染症であります。

通常、顔面、特に口を中心とする部位に発症するものをタイプ1とされ、陰部を中心として発症するものをタイプ2に分けて区別しています。本症は罹患 部位に栗粒大、半米大の集族する小水疱を本体とし時に周囲に発赤と腫張を伴い時間の経過とともに痂皮を形成し、まれに小潰瘍、小瘢痕を残し消退するのが一般的とさ れています。多くの場合これらの病巣は、数週間~数ヶ月あるいは数年おきに発病を繰り返す様です。再発の誘因となる原因として風邪など体調の不調とともに日光浴な どの紫外線照射などが誘因として上げられています。治療面についてお話しましょう。本症に対する治療は、ここ数年飛躍的に進歩しました。以前は外用薬として非ステ ロイド系の外用薬・内服として消炎鎮痛剤の処方であったのに対し、今日はウイルスを直接たたく抗ウイルス剤の登場により状況は一変しました。つまり外用薬は抗ウイ ルス外用薬、内服は抗ウイルス剤が主体となっています。

 

ここで本症の治療に対しての注意事項を述べます。

 

|1|
本症はウイルス感染症であるので当然接吻などにより子供等に感染する恐れがあること。

 

|2|
まれに角膜を侵す場合があり、この際誤ってステロイド含有の点眼液等の使用により角膜潰瘍などを引き起こす危険をはらんでいる。

 

|3|
本症に対する内服薬は血中濃度を一定に維持するため、朝・昼・3時・夕食後・就寝前の5回に分けて服用するのを守ること。 4.本症は体力の低下の際発症するという説もあり十分な睡眠と栄養補給が望まれます。

 

以上の点を心がけて治療に専念なさって下さい。

{Keyword: 単純性疱疹、単純性ヘルペス}




桑原皮フ科クリニック入口医療法人みやこ会
桑原皮フ科クリニック
〒188-0001
東京都西東京市谷戸町3-28-16
パークシティーひばりが丘1F
Tel.0424-23-1232
Fax.0424-23-3400

 

桑原メディカルケアセンター

 

 

インターネット予約サービス

インターネット予約サービスQRコード
順番が近づくとメールでお知らせ
インターネットから予約ができるシステムです。ご自宅や外出先から事前に空き状況を確認し、ご都合に合わせた予約ができます。
また、ご希望の方には診察時間が近づいたことをご希望のメールアドレスに通知する『お知らせコール』もご利用いただけます。予約忘れ防止に役立ちます。

パソコンからも予約ができます
→http://kuwa-hihu.atat.jp/