桑原皮フ科クリニック桑原皮フ科クリニックは、最新鋭レーザー機器を導入し、お客様に親身になった治療を心がけています。

【色素性痒疹について】

色素性痒疹の患者は、今年上半期で30人~40人は来院している。そう痒の強い紅色丘疹ならびに紅斑が突発的に生じ時間と共に網目状のあるいは播種状の色素沈着に変じ又その周囲に紅斑ならびに丘疹が拡大する様子はまさに草原地に見られる野焼きの状況に酷似している。通常は体幹に発症するとされるも私の経験では、四肢にも皮疹を認める症例を散見する。10代から20代の患者が多くまた女性に多いとされているが30代から70代男性にもかなりの症例が認められる。病気の治療の決め手は皮疹の発症すぐにレクチゾール(R)あるいはミノマイシンの内服を行う事で時間が経過した皮疹は薬の効果が悪い印象を受ける。また、以前使用されていたアストレメジンの注射の局注が有効であった経験がある。また、レクチゾール、ミノマイシンが有効でないケースの場合にはインフリーやヨーレチンの内服の追加により効果が得られた症例を経験している。



(2005.7.08)

{Keyword: 色素性痒疹、レクチゾール、ミノマイシン、アストレメジン、インフリー、 ヨーレチン}




桑原皮フ科クリニック入口医療法人みやこ会
桑原皮フ科クリニック
〒188-0001
東京都西東京市谷戸町3-28-16
パークシティーひばりが丘1F
Tel.0424-23-1232
Fax.0424-23-3400

 

桑原メディカルケアセンター

 

 

インターネット予約サービス

インターネット予約サービスQRコード
順番が近づくとメールでお知らせ
インターネットから予約ができるシステムです。ご自宅や外出先から事前に空き状況を確認し、ご都合に合わせた予約ができます。
また、ご希望の方には診察時間が近づいたことをご希望のメールアドレスに通知する『お知らせコール』もご利用いただけます。予約忘れ防止に役立ちます。

パソコンからも予約ができます
→http://kuwa-hihu.atat.jp/