桑原皮フ科クリニック桑原皮フ科クリニックは、最新鋭レーザー機器を導入し、お客様に親身になった治療を心がけています。

【人工透析を行っている膿疱性乾癬の症例について】

患者さんの言によれば、尋常性乾癬の診断にて経過を見ていたところ紅皮症様に皮疹が拡大してきた。そこでステロイドの内服を投与されたところ、紅斑局面上に膿疱が多発してきたため当院に来院した。発熱はないものの、膿疱性乾癬を考え病理組織検査を行った。やむを得ず透析中のことも考慮して、現在内服中のステロイドの減量を勧めるとともに、チガソン25mg1T/1日のみ投薬を行った。すると膿疱を伴う落屑性紅斑が劇的に改善して、膿疱は消失。紅斑も消退傾向を示した。しかしながら、透析中であるのでチガソン1T/1日を週4日1T、週3日休薬にして投薬量を減らし、また患者さんと相談の上、大学病院の通院を勧める予定である。
透析中、汎発性膿疱性乾癬との症例報告は本邦に一例のみであり、その際チガソンが有効であった。その報告が、平本等(皮膚臨床38(11)1708~1709,1996)によってあるのみである。Anders Vahlguist(Dermatologica 175 :224~228, 1978)によれば、慢性腎不全のエトレチネートの薬理動態について述べ、チガソンで血中濃度が高値になること、脂肪組織に蓄積されるためチガソンを減量してもすぐには血中濃度が下がりにくいことが記載されている。
(2005.8.30)

{Keyword: 尋常性乾癬、膿疱性乾癬、チガソン、エトレネチート}




桑原皮フ科クリニック入口医療法人みやこ会
桑原皮フ科クリニック
〒188-0001
東京都西東京市谷戸町3-28-16
パークシティーひばりが丘1F
Tel.0424-23-1232
Fax.0424-23-3400

 

桑原メディカルケアセンター

 

 

インターネット予約サービス

インターネット予約サービスQRコード
順番が近づくとメールでお知らせ
インターネットから予約ができるシステムです。ご自宅や外出先から事前に空き状況を確認し、ご都合に合わせた予約ができます。
また、ご希望の方には診察時間が近づいたことをご希望のメールアドレスに通知する『お知らせコール』もご利用いただけます。予約忘れ防止に役立ちます。

パソコンからも予約ができます
→http://kuwa-hihu.atat.jp/