桑原皮フ科クリニック桑原皮フ科クリニックは、最新鋭レーザー機器を導入し、お客様に親身になった治療を心がけています。

【レーザー治療後の炎症性色素沈着について】

老人性色素斑、雀卵斑、太田母斑等に対して、Qスイッチルビーレーザー照射後炎症性色素沈着が生じる。しかし、これら色素沈着は一過性で、ビタミンC・トラネキサム酸・ハイチオール内服およびコウジ酸軟膏・ハイドロキノン軟膏塗布により、通常1ヶ月半~2ヶ月半で消失してくる。
当院では、レーザー開発以前ドライアイスにより老人性色素斑を治療していた。その時の経験が、患者さんにこの炎症後色素沈着がレーザー治療によるものではなく、新しい上皮再生後その表皮の紫外線感受性の増強によるものという説明をしている。経験的観点として、手指に熱傷を起こし水疱形成、上皮化したあとに、その部位だけ一過性に色素沈着の増強が起こる点からみると理解できる。
また、非常に重要な点として、治療前後数ヶ月は紫外線の強い場所への旅行およびスキー、ゴルフの禁止が望ましい。日差しの強い場合の外出とか、一過性の色素沈着が発症しやすい傾向がある患者に対しては、ナースバン(内側にアルミコート)を装着するように勧めている。

(2008.3.1)

 

{Keyword: 炎症性色素沈着、老人性色素斑、雀卵斑、太田母斑、Qスイッチルビーレーザー、ビタミンC、トラネキサム酸、ハイチオール、コウジ酸軟膏、ハイドロキノン軟膏、ナースバン}




桑原皮フ科クリニック入口医療法人みやこ会
桑原皮フ科クリニック
〒188-0001
東京都西東京市谷戸町3-28-16
パークシティーひばりが丘1F
Tel.0424-23-1232
Fax.0424-23-3400

 

桑原メディカルケアセンター

 

 

インターネット予約サービス

インターネット予約サービスQRコード
順番が近づくとメールでお知らせ
インターネットから予約ができるシステムです。ご自宅や外出先から事前に空き状況を確認し、ご都合に合わせた予約ができます。
また、ご希望の方には診察時間が近づいたことをご希望のメールアドレスに通知する『お知らせコール』もご利用いただけます。予約忘れ防止に役立ちます。

パソコンからも予約ができます
→http://kuwa-hihu.atat.jp/