桑原皮フ科クリニック桑原皮フ科クリニックは、最新鋭レーザー機器を導入し、お客様に親身になった治療を心がけています。

【アトピー性皮膚炎に対する漢方薬治療】

当院では、難治性のアトピー性皮膚炎特に成人型の症例に対して、漢方薬の併用を試みている。漢方薬に3方向から使用薬剤を決定している。
1つ目は、病変が部位別の処方を決定する。例えば、頭部顔面は治頭瘡一方、顔面は白虎加人参湯、眼囲は梔子柏皮湯、両上肢は越婢加求湯を処方している。2つ目は皮膚症状の状態によって処方を決定する。紅斑が強い場合は白虎加人参湯か黄連解毒湯、炎症性色素沈着が強い場合は荊芥連翹湯、痂皮・びらん浸潤が強い場合は治頭瘡一方、掻痒の皮疹が主体を占める場合は三物黄ごん湯を処方している。
3つ目のケースは体調、年齢および冷えで使用する漢方を決定する。虚弱で神経がたかぶっているケースは、抑肝散加陳皮半夏、乳幼児で虚弱体質、食が細く湿疹があるケースは黄耆建中湯、学童期で喘息を伴うアトピー性皮膚炎の症例には柴胡清肝湯、成人で虚弱体質傾向が見られるケースには補中益気湯、冷えがあるケースには当帰四逆加呉茱萸湯を処方している。

(2008.5.09)

{Keyword: アトピー性皮膚炎、治頭瘡一方、白虎加人参湯、梔子柏皮湯、越婢加求湯、黄連解毒湯、荊芥連翹湯、三物黄ごん湯、抑肝散加陳皮半夏、黄耆建中湯、柴胡清肝湯、補中益気湯、当帰四逆加呉茱萸湯}




桑原皮フ科クリニック入口医療法人みやこ会
桑原皮フ科クリニック
〒188-0001
東京都西東京市谷戸町3-28-16
パークシティーひばりが丘1F
Tel.0424-23-1232
Fax.0424-23-3400

 

桑原メディカルケアセンター

 

 

インターネット予約サービス

インターネット予約サービスQRコード
順番が近づくとメールでお知らせ
インターネットから予約ができるシステムです。ご自宅や外出先から事前に空き状況を確認し、ご都合に合わせた予約ができます。
また、ご希望の方には診察時間が近づいたことをご希望のメールアドレスに通知する『お知らせコール』もご利用いただけます。予約忘れ防止に役立ちます。

パソコンからも予約ができます
→http://kuwa-hihu.atat.jp/