桑原皮フ科クリニック桑原皮フ科クリニックは、最新鋭レーザー機器を導入し、お客様に親身になった治療を心がけています。

【アトピー性皮膚炎における インタール吸入液の使用】

当院では、10年以上前よりアトピー性皮膚炎の特に顔面の皮疹に対して、インタール吸入液を外用として使用し効果をあげている。この治療法は、以前、京都大学の小児科医師が小児のアトピー性皮膚炎の症例に対して使用していたとされ、当院では小児のみならず成人の顔面皮疹に対して積極的に処方している。インタール吸入液は気管支喘息の吸入液として開発された抗アレルギー剤で、経皮吸入されず表皮にのみ薬物がとどまるとされ、吸入薬の性質上防腐剤を使用していないため、これら防腐剤により接触性皮膚炎を起こす危険性がない。化粧水を使用するように1日2~3回顔面に塗布するように指示している。尚、インタール吸入液塗布後、時に皮膚の乾燥感が生じる例があり、その際はプロペトを使用するように指示している。また眼囲については、インタールUD点眼液を使用している。

(2008.5.12)

{Keyword: アトピー性皮膚炎、インタール吸入液、抗アレルギー剤、プロペト、インタールUD点眼液}




桑原皮フ科クリニック入口医療法人みやこ会
桑原皮フ科クリニック
〒188-0001
東京都西東京市谷戸町3-28-16
パークシティーひばりが丘1F
Tel.0424-23-1232
Fax.0424-23-3400

 

桑原メディカルケアセンター

 

 

インターネット予約サービス

インターネット予約サービスQRコード
順番が近づくとメールでお知らせ
インターネットから予約ができるシステムです。ご自宅や外出先から事前に空き状況を確認し、ご都合に合わせた予約ができます。
また、ご希望の方には診察時間が近づいたことをご希望のメールアドレスに通知する『お知らせコール』もご利用いただけます。予約忘れ防止に役立ちます。

パソコンからも予約ができます
→http://kuwa-hihu.atat.jp/