桑原皮フ科クリニック桑原皮フ科クリニックは、最新鋭レーザー機器を導入し、お客様に親身になった治療を心がけています。

【肝斑の患者に対しての注意】

本院にて肝斑(chloasma)の患者に対して行っている注意事項を述べてみる。
(1) 内服薬を持続して服用すること。尚当院では、シナール(ビタミンC)、トランサミン、ハイチオール、これに追加して四物湯の処方を行っている。
(2) 日焼け止めを使用すること。特に朝と昼2回、日焼け止めを使用するよう指示している。肝斑が改善しても、日焼けが強いと再発してくる傾向がある。
(3) 顔面のリンパの流れやリフトアップのためのマッサージ(massage)やローラー使用は、東洋人の場合白人の皮膚と異なり色素沈着を生じやすい傾向があるので注意が必要である。マッサージのやりすぎの中止と、ローラーの使用禁止をすすめている。 以前学会で前腕内側にセロテープを20回ほど貼付してすぐに外す行為を行ったある1ヶ月後、セロテープ貼付部位に一致して炎症後色素沈着を生じたという報告がある。マッサージやローラーをどうしても使用したい人は。セロテープで色素沈着を生じない皮膚か確認してから行うことをすすめている。 尚、外用として肝斑に対してハイドロキノン軟膏、コウジ酸軟膏を寝る前に塗布することをすすめている。
(2008.6.13)

{Keyword: 肝斑、ハイチオール、シナール、トランサミン、四物湯、日焼け止め、マッサージ、ローラー、ハイドロキノン軟膏、コウジ酸軟膏}




桑原皮フ科クリニック入口医療法人みやこ会
桑原皮フ科クリニック
〒188-0001
東京都西東京市谷戸町3-28-16
パークシティーひばりが丘1F
Tel.0424-23-1232
Fax.0424-23-3400

 

桑原メディカルケアセンター

 

 

インターネット予約サービス

インターネット予約サービスQRコード
順番が近づくとメールでお知らせ
インターネットから予約ができるシステムです。ご自宅や外出先から事前に空き状況を確認し、ご都合に合わせた予約ができます。
また、ご希望の方には診察時間が近づいたことをご希望のメールアドレスに通知する『お知らせコール』もご利用いただけます。予約忘れ防止に役立ちます。

パソコンからも予約ができます
→http://kuwa-hihu.atat.jp/