桑原皮フ科クリニック桑原皮フ科クリニックは、最新鋭レーザー機器を導入し、お客様に親身になった治療を心がけています。

【マラセチア毛包炎に対する新しい試み】

マラセチア毛包炎は、頚部・胸部・背部とともに両上肢にニキビ様の皮疹が播種状多発し、原因はMalasseria furfurの感染と考えられている。
2009年、マラセチア毛包炎の症例が多数来院した。これら患者さんに対してデフェリン軟膏の塗布と、ミコナゾール含有のコラージュフルフルリキッドソープの入浴時使用を勧めている。使用した患者さんは、かなり皮疹の軽快を自覚している。症例を重ねて、この併用治療の効果か確認したいと考えている。

(2009.9.1)

{Keyword: マラセチア毛包炎、デフェリン軟膏、ミコナゾール、コラージュフルフル、Malasseria furfur}




桑原皮フ科クリニック入口医療法人みやこ会
桑原皮フ科クリニック
〒188-0001
東京都西東京市谷戸町3-28-16
パークシティーひばりが丘1F
Tel.0424-23-1232
Fax.0424-23-3400

 

桑原メディカルケアセンター

 

 

インターネット予約サービス

インターネット予約サービスQRコード
順番が近づくとメールでお知らせ
インターネットから予約ができるシステムです。ご自宅や外出先から事前に空き状況を確認し、ご都合に合わせた予約ができます。
また、ご希望の方には診察時間が近づいたことをご希望のメールアドレスに通知する『お知らせコール』もご利用いただけます。予約忘れ防止に役立ちます。

パソコンからも予約ができます
→http://kuwa-hihu.atat.jp/