桑原皮フ科クリニック桑原皮フ科クリニックは、最新鋭レーザー機器を導入し、お客様に親身になった治療を心がけています。

【手および足粘液嚢腫(mucous cyst)の手術変遷】

手および足mucous cystは、切除術を施してもかなりの頻度で再発するケースがみられ、術式を選択するのに悩む場合があった。

術式1

術式2
術式3

術式1は、開業当初行っていた術式である。今でも多くの大学病院で行われているが、再発するケースが多い。
術式2は、粘液嚢腫を含めてスクエアーに切除し、開放した創傷に残す術式である。この術式は、再発は少ないが皮膚の上皮化に時間がかかり、患者さんに対する負担が多い。
術式3は、アメリカの学会誌に発表されていた術式で、舌状に皮膚を切開し粘液嚢腫の部位を切除、被皮をもどし縫合する方法で、術式1に比べ再発が少なく上皮化が当然早いため、患者さんの負担が少ない。
尚、手の親指以外のところにあるケースの粘液嚢腫に対しては、ステロイドの注射用懸濁液の局注を行っている。局注で嚢腫が縮小してきた場合は、さらにCO2レーザーの併用も試みている。

(2009.9.8)

{Keyword: 粘液嚢腫、ステロイド注射用懸濁液、CO2(炭酸ガス)レーザー}




桑原皮フ科クリニック入口医療法人みやこ会
桑原皮フ科クリニック
〒188-0001
東京都西東京市谷戸町3-28-16
パークシティーひばりが丘1F
Tel.0424-23-1232
Fax.0424-23-3400

 

桑原メディカルケアセンター

 

 

インターネット予約サービス

インターネット予約サービスQRコード
順番が近づくとメールでお知らせ
インターネットから予約ができるシステムです。ご自宅や外出先から事前に空き状況を確認し、ご都合に合わせた予約ができます。
また、ご希望の方には診察時間が近づいたことをご希望のメールアドレスに通知する『お知らせコール』もご利用いただけます。予約忘れ防止に役立ちます。

パソコンからも予約ができます
→http://kuwa-hihu.atat.jp/