桑原皮フ科クリニック桑原皮フ科クリニックは、最新鋭レーザー機器を導入し、お客様に親身になった治療を心がけています。

【イボ(尋常性疣贅)の治療をめぐって】

第7回西新宿皮膚科研究会に参加し、東京慈恵医大講師の江川清文氏の話をうかがう機会を得た。

イボの原因であるHPV(human pillioma virus)は、尋常性疣贅、青年性扁平疣贅、伝染性軟属腫、コンジローマおよびepidermoclysplasia verruciformisなどの臨床症状を呈する。
特に、尋常性疣贅に対する治療で、活性ビタミンD軟膏の外用およびODT、ウレパールローションの外用、ヨクイニン内服、シメチジン内服、レチノール内服および外用の可能性を指摘された。

また、液体窒素治療では皮膚表面より盛り上がった部位に対して、スポットで液体窒素をつけることが有効である。
一方足底の尋常性疣贅に対しては、液体窒素治療後周囲に拡大する傾向があるため、広めに液体窒素をあてることが望ましいとの報告がある。
筆者自身は、足底の尋常性疣贅に対しては全体に液体窒素をあてず、意識的に1/3だけつけるようにしている。その方が、イボが後に同心円型に拡大しないような印象を受けている。
尚、HPVは子宮頸癌の原因となることが知られ、HPVのウイルスワクチンが2010年2月より認可され、使用できるようになった。
(2010.2.7)

{Keyword: 尋常性疣贅、HPV、青年性扁平疣贅、伝染性軟属腫、コンジローマ、epidermoclysplasia verruciformis、ビタミンD軟膏、ウレパールローション、ヨクイニン、シメジチン、レチノール、液体窒素、子宮頸癌}




桑原皮フ科クリニック入口医療法人みやこ会
桑原皮フ科クリニック
〒188-0001
東京都西東京市谷戸町3-28-16
パークシティーひばりが丘1F
Tel.0424-23-1232
Fax.0424-23-3400

 

桑原メディカルケアセンター

 

 

インターネット予約サービス

インターネット予約サービスQRコード
順番が近づくとメールでお知らせ
インターネットから予約ができるシステムです。ご自宅や外出先から事前に空き状況を確認し、ご都合に合わせた予約ができます。
また、ご希望の方には診察時間が近づいたことをご希望のメールアドレスに通知する『お知らせコール』もご利用いただけます。予約忘れ防止に役立ちます。

パソコンからも予約ができます
→http://kuwa-hihu.atat.jp/