桑原皮フ科クリニック桑原皮フ科クリニックは、最新鋭レーザー機器を導入し、お客様に親身になった治療を心がけています。

【牛肉アレルギーとα-galを含む糖鎖について】

#1 牛肉アレルギーの症例で、卵入りマコカレイの煮付けを摂取後、アナフィラキシー症状を呈し牛肉とカレイの卵に共通抗原があり 交叉反応により発症と考えられた。

 

#2 牛肉アレルギーの原因としてマダニによる虫刺が考えられ、共にα-galを含む糖鎖を含有している事からみられる。(尚、牛肉アレルギー35例中2例にマダニ虫刺を記憶しており 残りは見えていないが残り全てが犬を飼っていた。ある患者の犬にマダニが多数たかっていて困るとの訴えがあり、またマダニは刺すと同時に痛みを感じない物質を放出するため、人は刺されても気付かなかったと思われる。

 

#3 A型とAB型の血液の人しか牛肉アレルギーにならない。これは、A型の血液型にα-galが組み込まれていると思われる。

 

#4 Comminsらは、牛肉アレルギーの患者分布図とマダニによるロッキーの吸血病の分布図が一致している事から牛肉アレルギーとマダニの刺された既往との関連に気付いた。

 

#5 大腸癌に使う生物製剤のセツキシマブでアナフィラキシーショックのあった患者は牛肉アレルギーがありセツキシマブの成分にα-galを含有する糖鎖の交叉反応と思われる。したがって、セツキシマブを使用する際牛肉アレルギーの有無のチェックが必要となる。

(第9回三多摩西皮膚科勉強会 2015.2.7)

{Keyword: 肉アレルギー・α-gal・糖鎖・マコカレイ・アナフィラキシー・マダニ・犬・血液型A}




桑原皮フ科クリニック入口医療法人みやこ会
桑原皮フ科クリニック
〒188-0001
東京都西東京市谷戸町3-28-16
パークシティーひばりが丘1F
Tel.0424-23-1232
Fax.0424-23-3400

 

桑原メディカルケアセンター

 

 

インターネット予約サービス

インターネット予約サービスQRコード
順番が近づくとメールでお知らせ
インターネットから予約ができるシステムです。ご自宅や外出先から事前に空き状況を確認し、ご都合に合わせた予約ができます。
また、ご希望の方には診察時間が近づいたことをご希望のメールアドレスに通知する『お知らせコール』もご利用いただけます。予約忘れ防止に役立ちます。

パソコンからも予約ができます
→http://kuwa-hihu.atat.jp/