桑原皮フ科クリニック桑原皮フ科クリニックは、最新鋭レーザー機器を導入し、お客様に親身になった治療を心がけています。

【食物アレルギーをめぐっての方針の大転換】

アトピー性皮膚炎をはじめとするアレルギー性疾患の原因となる 食物アレルギー対する対応がここ1~2年で大きく変わろうとしています。

 

以前はアレルギーの原因となる、卵や乳製品、小麦、そば、特にその95%の原因とされる卵黄卵白加工品の摂取は、極力遅く始める事が食物アレルギーを誘発することを予防するとされ、事実食物アレルギーの指針においても、そのように書かれていました。しかし、アメリカの食物アレルギー学会の治験、つまり産まれた当初から、食物アレルギーの原因とされる食物を与えた群と、半年間厳重に与えないでいた群とを比較した際、食物の制限をした方が3~4倍アレルギーを発症したという事実があきらかになりました。食物アレルギーにおいて乳幼児の食物制限は無効であるという認識が広まりました。つまり、早期にいろんな食物を摂取する事により、腸管内にTレグ細胞(免疫抑制細胞)を早期に形成し、アレルギーを起こさないように誘導すると考えられるようになりました。したがって、アレルギーのない子どもに対しては、食物の制限は逆効果だと考えられるようになりました。一方、すでに食物アレルギーを呈している患者に対しては、当然食物アレルギーに対する制限は必要です。

 

結論から言うと、早期にスクラッチを始めとする食物アレルギー検査を行い反応のない患者においては、食事制限なしで対応すべきと考えます。 ここで注意しないといけないのは、乳幼児の顔面の湿疹で食物アレルギーが感作されると、現在は考えられており、早期にステロイド及びタクトリムスなどの免疫抑制剤の外用で治療し、経皮的に感作されない環境が大事であると思われます。

 

(2015.4.)

{Keyword: 食物アレルギー・Tレグ細胞・アトピー性皮膚炎}




桑原皮フ科クリニック入口医療法人みやこ会
桑原皮フ科クリニック
〒188-0001
東京都西東京市谷戸町3-28-16
パークシティーひばりが丘1F
Tel.0424-23-1232
Fax.0424-23-3400

 

桑原メディカルケアセンター

 

 

インターネット予約サービス

インターネット予約サービスQRコード
順番が近づくとメールでお知らせ
インターネットから予約ができるシステムです。ご自宅や外出先から事前に空き状況を確認し、ご都合に合わせた予約ができます。
また、ご希望の方には診察時間が近づいたことをご希望のメールアドレスに通知する『お知らせコール』もご利用いただけます。予約忘れ防止に役立ちます。

パソコンからも予約ができます
→http://kuwa-hihu.atat.jp/