桑原皮フ科クリニック桑原皮フ科クリニックは、最新鋭レーザー機器を導入し、お客様に親身になった治療を心がけています。

【漢方薬について(全5タイトル)】

漢方と出会ったきっかけ

漢方薬に興味を抱くきっかけは2つの症例との出会いです。ひとつ目の症例は、開業して1年目、80歳前後の女性がしもやけで子供の野球のグローブほど腫れ上がってきた患者がきた際 カルナクリンとユベラに加え当帰四逆加呉茱萸生姜湯を処方したところ 1週間後の来院時に正常な手の大きさに戻って本人もとても喜ばれました。1週間で劇的に改善し その時、漢方薬の効果について驚かされました。

それから数年後、ふたつ目の症例は 40代女性で全身ひどい痒みを訴える患者が来院され あまりにも訴えが激しいため 一発で効くようにとポララミン6mg3錠とステロイド最強のデルモベートを処方したところ 1週間後来院時 全く効かないとの返事・・・悩んだ末もしかしてと思い消風散を併用したところ1週間後 劇的に痒みが止まりました。更におもしろいことに 今度は半年たった頃から消風散が全く効かなくなったと訴えてきました。そこでもしかして証が変わったのではないかと考え 実証に対して有効な消風散に対して中間証に有効とされる十味敗毒湯を処方することにしました。1週間後には、また劇的に痒みが止まり、更に数ヵ月後続けていたところ十味敗毒湯がまた効かなくなったと訴えてきました。証が元に戻ったのではないかと 再び消風散を処方したところまた劇的に痒みが止まりました。この患者は最強の痒み止めであるポララミンと最強のステロイド外用薬であるデルモベートが無効であったにもかかわらず 漢方薬が有効であることを私に教えてくれたのみならず、患者の証が実証から中間証に数ヶ月の単位で変化する事を実感させ その証に合わせて処方すれば漢方薬は有効であるということを教えてくれています。

 

(2015.3)

 




桑原皮フ科クリニック入口医療法人みやこ会
桑原皮フ科クリニック
〒188-0001
東京都西東京市谷戸町3-28-16
パークシティーひばりが丘1F
Tel.0424-23-1232
Fax.0424-23-3400

 

桑原メディカルケアセンター

 

 

インターネット予約サービス

インターネット予約サービスQRコード
順番が近づくとメールでお知らせ
インターネットから予約ができるシステムです。ご自宅や外出先から事前に空き状況を確認し、ご都合に合わせた予約ができます。
また、ご希望の方には診察時間が近づいたことをご希望のメールアドレスに通知する『お知らせコール』もご利用いただけます。予約忘れ防止に役立ちます。

パソコンからも予約ができます
→http://kuwa-hihu.atat.jp/