桑原皮フ科クリニック桑原皮フ科クリニックは、最新鋭レーザー機器を導入し、お客様に親身になった治療を心がけています。

【漢方薬について(全5タイトル)】

尋常性痤傷の処方について

当院では尋常性痤傷 つまりニキビに対しては女性には クラシエ十味敗毒湯エキス錠、男性には 辛夷清肺湯を通常使用しています。ただ、生理前後で悪化するニキビに対しては桂枝茯苓丸薏苡仁の処方を追加するか単独で処方しています。一般に第一選択とされている清上防風湯が有効であった症例はあまり見かけません。化膿が酷い状態のニキビの患者に対しては、清上防風湯より排膿散及湯または十味敗毒湯の併用が有効との印象を受けます。私の印象では日本人の場合は実証タイプよりも中間証の症例が多いように感じます。つまり実証に使われる清上風防湯より 中間証に使われる十味敗毒湯が有効な印象を受けます。
繰り返しますが、ニキビの患者に対して当院では抗生物質、ビタミンB2.B6、漢方薬、外用では抗生物質+ディフェリンゲルなどの処方に加えPCLT(ブルーレーザー)の照射と自家血液の治療を難治傾向のある患者に対して行っています。しかし、効果がないと訴える患者の多くが 持続的な通院、加療をしていないケースが実体です。

 

(2015.3)

 




桑原皮フ科クリニック入口医療法人みやこ会
桑原皮フ科クリニック
〒188-0001
東京都西東京市谷戸町3-28-16
パークシティーひばりが丘1F
Tel.0424-23-1232
Fax.0424-23-3400

 

桑原メディカルケアセンター

 

 

インターネット予約サービス

インターネット予約サービスQRコード
順番が近づくとメールでお知らせ
インターネットから予約ができるシステムです。ご自宅や外出先から事前に空き状況を確認し、ご都合に合わせた予約ができます。
また、ご希望の方には診察時間が近づいたことをご希望のメールアドレスに通知する『お知らせコール』もご利用いただけます。予約忘れ防止に役立ちます。

パソコンからも予約ができます
→http://kuwa-hihu.atat.jp/