桑原皮フ科クリニック桑原皮フ科クリニックは、最新鋭レーザー機器を導入し、お客様に親身になった治療を心がけています。

【尋常性乾癬についての患者分析】

ドボベット発売に相前後して、平成26年10~11月の時点の当院に於ける尋常性乾癬についての患者分析を行いました。
尋常性乾癬と診断された患者は148名、
その中で、チガソンを処方した患者は8名
ネオーラル並びにシクロスポリンを処方した患者は5名
ナローバンドかエキシマライトの光線治療を行った患者は118名となります。

 

ドボベット軟膏は、新登場した尋常性乾癬に対する外用薬でありその本体はビタミンD3軟膏とステロイド軟膏の合剤として登場しました。
当院では、以前よりビタミンD3軟膏とステロイドの外用は同時併用を行わずステロイド軟膏は1ヶ月、ビタミンD3軟膏は1~2ヶ月の期間使用してきました。
何故、そのような処方の仕方をしたかというと個々の薬の反応について患者本人が認識ならびに理解することが、長期にわたる尋常性乾癬の治療に対する患者の理解の一助になると考えたからであります。つまり、同時にビタミンD3軟膏とステロイド軟膏を処方すると安易に即効性のあるステロイド軟膏の使用に偏り、ステロイドの使用量の極端な増加につながると考えたからです。
ビタミンDとステロイドの合剤であるドボベット軟膏の使用意義を考えるに、ステロイドの外用使用をやめその分ドボベットに変更することによりステロイドの使用を促すことが期待できると考えております。ただ、ビタミンD3とステロイドの合剤であるドボベット軟膏の使用の際には、軟膏の効果についてのより十分な説明が必要ではないかと考えております。

 

ドボベット軟膏の使用感、ならびに効果について小数ですがアンケートをとりましたので結果をご報告します。
アンケートは7名と少数ですが、全ての患者が今回のオキサロール軟膏とドボベット軟膏の1ヶ月おきの使用の治療に満足しているとの回答を得ました。
また、外用の使用感について聞いたところドボベット自体は効果はあるもののベトベト感がある、ザラザラ感があるという返事があり特に頭皮の乾癬に対して使用する際ドボベットの液状のものがあればとのコメントが数名寄せられました。
これらの結果をみますと、ステロイド単独の外用に比べドボベット軟膏がステロイドの使用量を減量する期待感がある上治療効果もそれなりに認められ尋常性乾癬の長期治療をする上で安心して使用できるという利点を確認できました。
他方、薬自体は効果があるものの肌触りの点で問題があるようで 頭皮の乾癬への使用についてはまだまだ改善の余地が望まれると思われます。

 

(2015.6)

{Keyword: ドボベット軟膏・ビタミンD3軟膏・尋常性乾癬}




桑原皮フ科クリニック入口医療法人みやこ会
桑原皮フ科クリニック
〒188-0001
東京都西東京市谷戸町3-28-16
パークシティーひばりが丘1F
Tel.0424-23-1232
Fax.0424-23-3400

 

桑原メディカルケアセンター

 

 

インターネット予約サービス

インターネット予約サービスQRコード
順番が近づくとメールでお知らせ
インターネットから予約ができるシステムです。ご自宅や外出先から事前に空き状況を確認し、ご都合に合わせた予約ができます。
また、ご希望の方には診察時間が近づいたことをご希望のメールアドレスに通知する『お知らせコール』もご利用いただけます。予約忘れ防止に役立ちます。

パソコンからも予約ができます
→http://kuwa-hihu.atat.jp/