桑原皮フ科クリニック桑原皮フ科クリニックは、最新鋭レーザー機器を導入し、お客様に親身になった治療を心がけています。

【子どもの尋常性疣贅(イボ)に対する治療】

尋常性疣贅(イボ)に対する治療は、一般的には液体窒素が主体となっています。
本年当初より当クリニックでは、はと麦(ヨクイニン)の内服とビタミンD軟膏のODT(密封療法)を行っています。それにより12歳以下の10例の症例でイボの消失を認めました。
この治療の利点について列挙してみると、

 

#1. 当然のごとく液体窒素による痛みが生じない。
#2. 液体窒素による水泡を生じないため、入浴・水泳・運動も可能。
#3. 液体窒素に対する痛みがないため治療に対して積極的かつ母親の理解が得やすい。

 

以上の利点が認められたため、当クリニックでは小さい子ども並びに大人でもはと麦(ヨクイニン)の内服、ビタミンD軟膏のODT(密封療法)又は塗布の治療を行っております。しかしながら、液体窒素での治療希望の患者さんには液体窒素の治療を行っています。
当クリニックとしては、液体窒素での治療をできるだけ行わず、はと麦(ヨクイニン)とビタミンD軟膏のODT(密封療法)での治療を積極的に行っています。

 

(2015.7.31)

{Keyword: 尋常性疣贅・イボ・液体窒素・ヨクイニン・ビタミンD軟膏・ODT・密封療法}




桑原皮フ科クリニック入口医療法人みやこ会
桑原皮フ科クリニック
〒188-0001
東京都西東京市谷戸町3-28-16
パークシティーひばりが丘1F
Tel.0424-23-1232
Fax.0424-23-3400

 

桑原メディカルケアセンター

 

 

インターネット予約サービス

インターネット予約サービスQRコード
順番が近づくとメールでお知らせ
インターネットから予約ができるシステムです。ご自宅や外出先から事前に空き状況を確認し、ご都合に合わせた予約ができます。
また、ご希望の方には診察時間が近づいたことをご希望のメールアドレスに通知する『お知らせコール』もご利用いただけます。予約忘れ防止に役立ちます。

パソコンからも予約ができます
→http://kuwa-hihu.atat.jp/