桑原皮フ科クリニック桑原皮フ科クリニックは、最新鋭レーザー機器を導入し、お客様に親身になった治療を心がけています。


アトピー性皮膚炎

→難治性ブログのサイトにも記事があります

 

No.319 【フィラグリン遺伝子変異について】(2013.11)

No.318 【内因性と外因性アトピー性皮膚炎の違い】(2013.11)

No.314 【アトピーの分類について 2/2】(2013.9.9)

No.313 【アトピーの分類について 1/2】(2013.9.9)

No.305 【外因性アトピー性皮膚炎と内因性アトピー性皮膚炎】(2012.9.15)

No.229 【アトピー性皮膚炎の病勢マーカーについて】(2012.2.21)

No.213 【花粉症とアトピー性皮膚炎の合併】(2010.5.31)

No.211 【クロタミン含有の外用薬】(2010.4.19)

No.193 【アトピー性皮膚炎に対する光線療法Narrow-band療法】(2009.10.20)

No.192 【Narrow-band UVB療法】(2009.10.20)

No.182 【アトピー性皮膚炎に対するナローバンド照射治療】(2009.9.1)

No.144 【イネ科の花粉症とアトピー性皮膚炎について】(2008.8.1)

No.138 【アトピー性皮膚炎に対するホウ酸水の使用経験】(2008.5.12)

No.137 【アトピー性皮膚炎に対する ヨードチンキの使用経験】(2008.5.12)

No.136 【アトピー性皮膚炎に対する ユーカリ油の使用経験】(2008.5.12)

No.135 【アトピー性皮膚炎に対する酸性水の使用】(2008.5.12)

No.134 【アトピー性皮膚炎におけるインタール吸入液の使用】(2008.5.12)

No.133 【アトピー性皮膚炎における非ステロイド剤】(2008.5.12)

No.132 【アトピー性皮膚炎における植物油についての注意】(2008.5.09)

No.131 【アトピー性皮膚炎における嗜好品の注意について】(2008.5.09)

No.130 【アトピー性皮膚炎に対する漢方薬治療】(2008.5.01)

No.129 【アトピー性皮膚炎に対する光線治療について】(2008.5.09)

No.128 【アトピー性皮膚炎の皮膚末梢神経について】(2008.5.09)

No.127 【アトピー性皮膚炎における皮膚のバリアーの障害について】(2008.5.09)

No.126 【乳幼児のアトピー性皮膚炎】(2008.5.09)

No.125 【年齢とアトピー性皮膚炎の症状】(2008.5.01)

No.124 【アトピー性皮膚炎に対する保湿剤の役割と入浴について】(2008.5.01)

No.123 【アトピー性皮膚炎に対するステロイド外用薬を使用する際の注意点として】(2008.5.01)

No.122 【アトピー性皮膚炎に対する抗ヒスタミン剤と抗アレルギー剤、ステロイド剤について】(2008.5.01)

No.115 【口囲および口唇のアトピー性皮膚炎に対する新しい試み】(2007.12.28)

No.111 【当院におけるアトピー性皮膚炎患者に対する漢方薬の適応について】(2007.11.6)

No.110 【アトピー性皮膚炎に対する漢方薬選択チャート】(2007.11.6)

No.107 【秋の花粉症とアトピー皮膚炎】(2007.10.22)

No.104 【アトピー性皮膚炎に於けるレーザー脱毛の有用性について】(2007.9.12)

No.36 【アトピー性皮膚炎における食物制限の意義をめぐって】(2004.11)

No.23 【就寝時間とアトピー性皮膚炎、ニキビについて】(2001.4.1)

No.22 【アトピー性皮膚炎とプロトピック軟膏について】 (2001.3.1)

No.05 【除去療法の程度】

No.03 【アレルゲンテストにおいてダニ陽性のアトピー性皮膚炎の患者さんへ】

No.02 【食物アレルギーを伴うアトピー性皮膚炎の患者さんへ】

No.01 【アトピー性皮膚炎に良くない食品、飲料品】

ページのtopへ


爪および爪の病気

No.321 【巻き爪に対する当クリニックの対策について】(2014.9.29)

No.174 【Terry's nail】(2009.6.5)

No.173 【Yellow nail】(2009.6.5)

No.172 【爪白癬の病型】(2009.6.5)

No.106 【形状記憶合金の陥入爪に対する新しい試み】(2007.10.19)

No.105 【陥入爪と爪白癬の関連性について】(2007.10.19)

No.65 【陥入爪の根治手術について】(2005.9.27)

No.43 【爪の正しい切り方】(20050419)

No.35 【爪甲(色素)線条について】(2004年10月)

ページのtopへ


ジベル薔薇色粃糠疹

No.219 【マイコプラズマ感染症とジベル薔薇色粃糠疹】(2011.6.3)

No.199 【ジベルばら色粃糠疹とウイルス感染症】(2009.12.3)

No.198 【ジベルばら色粃糠疹とHHV-6、HHV-7】(2009.12.1)

No.155 【水疱形成を伴ったジベル薔薇色粃糠疹】(2009.1.5)

No.14 【ジベル薔薇色粃糠疹について】

ページのtopへ


ニキビ

No.194 【ニキビの患者さんへ】(2009.11.1)

No.185 【尋常性痤瘡(ニキビ)があるときのメイク法】(2009.9.28)

No.184 【尋常性痤瘡(ニキビ)の洗顔について】(2009.9.28)

No.166 【尋常性痤瘡および膿疱性痤瘡に対するPCLT(ブルーレーザー)の有効性について】(2009.4.21)

No.165 【ニキビに対するBPOの使用について】(2009.4.21)

No.154 【新しいニキビ治療外用薬のディフェリン(一般名:アダパレンゲル)の催奇性の危険度について】 (2008.10.24)

No.153 【新しいニキビ治療薬と期待されるディフェリン(アダパレンゲル)の使用ポイント】(2008.12.8)

No.151 【尋常性痤瘡(いわゆるニキビ)の患者に対する レチノイド剤の内服およびホルモン剤の内服治療について】(2008.10.24)

No.150 【尋常性痤瘡(いわゆるニキビ)の患者の化粧について】(2008.10.24)

No.148 【ディフェリン軟膏について】(2008.10.10)

No.08 【自家血液療法について】

No.07 【ニキビによくない食べ物】

No.06 【ニキビのお話】

ページのtopへ


レーザー治療および光線治療

No.338 【スーパーブルーレーザーについてのアンケート結果】(2016.2)

No.194 【ニキビの患者さんへ】(2009.11.1)

No.193 【アトピー性皮膚炎に対する光線療法Narrow-band療法】(2009.10.20)

No.192 【Narrow-band UVB療法】(2009.10.20)

No.182 【アトピー性皮膚炎に対するナローバンド照射治療】(2009.9.1)

No.166 【尋常性痤瘡および膿疱性痤瘡に対するPCLT(ブルーレーザー)の有効性について】(2009.4.21)

No.129 【アトピー性皮膚炎に対する光線治療について】(2008.5.09)

No.118 【レーザー治療後の炎症性色素沈着について】(2008.3.1)

No.108 【新型Qスイッチ ルビーレーザーの新規導入について】(2007.10.23)

No.104 【アトピー性皮膚炎に於けるレーザー脱毛の有用性について】(2007.9.12)

No.92 【アレックスレーザーおよびQスイッチルビーレーザー】(2007.4.19)

No.85 【エキシマレーザーによる結節性痒疹に対する治療】(2006.2.21)

No.37 【Vビームレーザーの導入について】

No.33 【おはなし】(2004.6)

No.26 【レーザーフェイシャルについて】(2002.4)

ページのtopへ


乾癬

No.334 【尋常性乾癬の発症機序についての考え方の変遷について】(2015.6.)

No.333 【尋常性乾癬についての患者分析】(2015.6.)

No.332 【ビタミンDの尋常性乾癬に対する有効性は いつから知られるようになったのか】(2015.6.)

No.325 【平成26年10月に於ける当院の尋常性乾癬の患者さんの状況報告】(2015.3.)

No.300 【尋常性乾癬の皮疹の出る部位】(2012.8.28)

No.218 【C型肝炎のIFN治療時に出現する皮膚症状】(2011.3.29)

No.210 【尋常性乾癬に対するネオーラルの投与方法】(2010.4.12)

No.201 【乾癬の病理病態の歴史的変遷】(2009.12.8)

No.197 【乾癬患者におけるQOL】(2009.11.18)

No.191 【サイトカインを標的とする生物学的製剤】(2009.10.16)

No.190 【T細胞を標的とする生物学的製剤】(2009.10.16)

No.189 【乾癬に対する新しい治療ツール、生物学的製剤】(2009.10.16)

No.180 【新しいナローバンド、ドイツ製Waldmann(UV3003K)の装置について】(2009.8.31)

No.179 【新しい乾癬の病態論】(2009.8.25)

No.178 【以前の乾癬の病態論】(2009.8.24)

No.142 【滴状乾癬の症例について】(2008.6.12)

No.87 【尋常性乾癬と掌蹠膿疱症の患者数について】(2007.1.22)

No.60 【人工透析を行っている膿疱性乾癬の症例について】(2005.8.30)

No.54 【尋常性乾癬の新しい治療】(2005.7.22)

No.53 【尋常性乾癬の悪化要因について】(2005.7.22)

No.52 【尋常性乾癬の病因について】(2005.7.22)

No.11 【尋常性乾癬について】

ページのtopへ


掌蹠膿疱症

No.208 【掌蹠膿疱症】(2010.2.07)

No.195 【掌蹠膿疱症の患者に対する漢方治療】(2009.11.6)

No.180 【新しいナローバンド、ドイツ製Waldmann(UV3003K)の装置について】(2009.8.31)

No.140 【難治性の掌蹠膿疱症に対して有効であったチガソンの内服治療】(2008.6.12)

No.87 【尋常性乾癬と掌蹠膿疱症の患者数について】(2007.1.22)

No.24 【掌蹠膿疱症の治療について】(2001.10.13)

No.13 【金属アレルギーの検査について】

No.12 【掌蹠膿疱症の患者さんへ】

ページのtopへ


治療

No.335 【子どもの尋常性疣贅(イボ)に対する治療】(2015.7.31)

No.212 【5月中旬にExcime light (VTRAC)導入!】(2010.4.23)

No.209 【イボ(尋常性疣贅)の治療をめぐって】(2010.2.07)

No.202 【性器ヘルペスに対する再発抑制療法(suppressdive therapy)のエビデンス】(2009.12.8)

No.200 【PAD(Peripheral Arterial Disease)の治療】(2009.12.3)

No.196 【ステロイド軟膏とVD3軟膏の混合薬の問題点(ジェネリック薬品を含めて)】(2009.11.15)

No.195 【掌蹠膿疱症の患者に対する漢方治療】(2009.11.6)

No.194 【ニキビの患者さんへ】(2009.11.1)

No.193 【アトピー性皮膚炎に対する光線療法Narrow-band療法】(2009.10.20)

No.192 【Narrow-band UVB療法】(2009.10.20)

No.183 【手および足粘液嚢腫(mucous cyst)の手術変遷】(2009.9.8)

No.182 【アトピー性皮膚炎に対するナローバンド照射治療】(2009.9.1)

No.181 【マラセチア毛包炎に対する新しい試み】(2009.9.1)

No.152 【肝斑とトランサミンの話】(2008.12.5)

No.146 【単純性ヘルペス(疱疹)に対する抗ウイルス外用の問題点】(2008.9.30)

No.117 【ジェネリック系薬剤についての当院に於ける対応について】(2008.2.23)

No.114 【粘液嚢腫の新しい手術のこころみについて】(2007.12.07)

No.113 【ネオーラルとそのジェネリック系薬剤となるネオメルクについて】(2007.12.06)

No.106 【形状記憶合金の陥入爪に対する新しい試み】(2007.10.19)

No.91 【プロトピック軟膏の日光過敏症について】(2007.3.23)

No.90 【保湿剤(ヒルドイドローション)の使用方法について】(2007.3.20)

No.89 【皮膚の保湿がそこなわれる要素についてあげると】(2007.3.20)

No.88 【結節性痒疹の治療について】(2007.3.13)

No.78 【タガメットの免疫賦活効果について】(2005.12.17)

No.74 【インフルエンザの治療薬について】(2005.12.6)

No.72 【プロペシア(成分名フィナステリド)について】(2005.11.14)

No.70 【プロトピック軟膏の適応】(2005.11.1)

No.65 【陥入爪の根治手術について】(2005.9.27)

No.55 【慢性痒疹の治療について】(2005.7.22)

No.37 【Vビームレーザーの導入について】

No.32 【Wet Wraps ウエットラップについて】(2004.4)

No.31 【抗アレルギー剤について】(2004.3)

No.30 【ちょっとオモシロイい話。】(2004.3)

No.29 【Excimer Laserについて】(2003.10)/p>

No.27 【Photo Clear Light Therapyについて】(2002.4)

No.25 【陥入爪に対する新しい治療】(2002.3.12)

No.21 【クリームについて】(2001.1.1)

No.19 【黒子の治療について】(2000.11.1)

No.18 【黒子について】(2000.10.1)

ページのtopへ


帯状疱疹および単純性ヘルペス

No.311 【水痘・帯状疱疹ワクチンのすすめ】(2013.9.7)

No.309 【帯状疱疹の疫学(特に宮崎スタディについて)】(2013.2.15)

No.304 【Hunt症候群】(2012.9.11)

No.303 【帯状疱疹に於ける眼病変について】(2012.9.11)

No.227 【2011年の帯状疱疹患者さんの動向について】(2011.10.25)

No.207 【帯状疱疹後神経炎に対するデュロテップMTパッチ(経皮吸収型持続性癌疼痛治療剤)の適応拡大】(2010.2.4)

No.206 【高齢者の帯状疱疹患者に対する鎮痛剤】(2009.12.21)

No.205 【帯状疱疹後脳炎とアシクロビル脳炎の違い】(2009.12.21)

No.203 【帯状疱疹における腎機能低下時のアシクロビルの投与方法】(2009.12.8)

No.202 【性器ヘルペスに対する再発抑制療法(suppressdive therapy)のエビデンス】(2009.12.8)

No.186 【水痘ワクチンの米国での現状】(2009.10.1)

No.149 【水痘(VSV)ワクチンによる帯状疱疹に対する予防効果について】(2008.10.23)

No.94 【帯状疱疹後神経痛について】(2007.5.8)

No.79 【タガメットの帯状疱疹後神経痛(PHN)の予防効果】(2005.12.20)

No.69 【麻痺を伴った帯状疱疹】(2005.11.1)

No.67 【季節の変わり目に急増する帯状疱疹の患者さん】(2005.10.18)

No.64 【二回目の帯状疱疹について】(2005.9.27)

No.17 【帯状疱疹の患者さんへ】

ページのtopへ


単純性疱疹

No.77 【単純性ヘルペスの予防について】(2005.12.17)

No.76 【Genital Herpesについて】(2005.12.9)

No.16 【単純性疱疹について】

ページのtopへ


薬疹

No.223 【固定薬疹の臨床像と重症化の危険性について】(2011.9.24)

No.221 【DIHSを疑う臨床像と検査項目】(2011.9.24)

No.220 【プレミネントによる光線過敏性皮膚炎】(2011.6.3)

No.188 【アムロジンによる歯肉腫脹】(2009.10.2)

No.170 【重症型薬疹(DIHS型)の診断基準2005】(2009.5.7)

No.169 【重症型薬疹(TEN型)の診断基準2005】(2009.5.7)

No.168 【重症型薬疹(SJS型)の診断基準2005】(2009.5.7)

No.167 【重症型薬疹】(2009.5.7)

No.109 【クロラムフェニコール膣錠による薬疹】(2007.10.30)

No.96 【ピロキシカム製剤を含有するローションによる光線過敏性皮膚炎】(2007.5.12)

No.95 【ムコダインによる多発性固定薬疹】(2007.5.8)

No.71 【クラビットによる固定薬疹】(2005.11.2)

No.68 【アダラートCRによる扁平苔癬】(2005.10.19)

No.62 【サアミオンによる扁平苔癬】(2005.9.13)

No.58 【モーラステープによる接触性皮膚炎】(2005.8.25)

ページのtopへ


皮膚悪性腫瘍

No.336 【今年前半の皮膚の悪性腫瘍について】(2015.7.31)

No.121 【乳房外Paget病の症例について】(2008.4.26)

No.83 【ボーエン病について】(2006.1.31)

No.82 【小児の爪甲色素線条について】(2006.1.14)

No.81 【色素性母斑いわゆる黒子の悪性黒色腫に進展する可能性について】(2006.1.13)

No.59 【Paget病について】(2005.8.26)

No.51 【Bowen病(ボーエン病)について】(2005.7.8)

No.20 【黒子の悪性化、いわゆるメラノーマについて】(2000.12.1)

ページのtopへ


白癬および真菌症

No.181 【マラセチア毛包炎に対する新しい試み】(2009.9.1)

No.172 【爪白癬の病型】(2009.6.5)

No.139 【糖尿病患者においての爪白癬について】(2008.5.12)

No.120 【鼠径部リンパ節炎を伴う汗疱状白癬(足の水虫)の症状について】(2008.4.07)

No.105 【陥入爪と爪白癬の関連性について】(2007.10.19)

No.101 【手白癬について】(2007.7.12)

No.44 【手の白癬】(2005.4.19)

No.34 【ご存知ですか?大発生のマラセチア毛包炎の患者さん】(2004年9月)

ページのtopへ


口腔アレルギー

No.216 【3年間の当院におけるOAS(口腔アレルギー症候群)】(2010.7.5)

No.164 【ラテックスに対するアレルギーを確認しえた口腔アレルギー症候群、12歳女子】(2009.4.14)

No.156 【豆乳による口腔アレルギー症候群(OAS)】(2009.1.5)

No.98 【口腔アレルギー症候群について】(2007.5.29)

No.86 【ラテックスアレルギーについて】(2006.2.21)

ページのtopへ


接触性皮膚炎

No.222 【ラテックスアレルギーについて】(2011.9.24)

No.211 【クロタミン含有の外用薬】(2010.4.19)

No.175 【マンゴーによる接触性皮膚炎3例】(2009.6.5)

No.86 【ラテックスアレルギーについて】(2006.2.21)

No.84 【プリムラ皮膚炎について】(2006.2.21)

No.73 【しいたけ皮膚炎】(2005.12.1)

No.66 【ベルトのバックルによる接触性皮膚炎】(2005.10.14)

No.63 【ネイリストにみられた接触性皮膚炎】(2005.9.26)

ページのtopへ


痒疹について

No.301 【結節性痒疹にする新しい漢方薬の選択】(2012.9.1)

No.49 【色素性痒疹について】(2005.7.8)

No.09 【慢性痒疹および小児ストロフルスについて】

ページのtopへ


女性の肌の悩みについて

No.215 【アポロのお知らせ】(2011.2.9)

No.214 【肌への紫外線について】(2010.6.15)

No.187 【女性の脱毛症について】(2009.10.1)

No.143 【肝斑の患者に対しての注意】(2008.6.13)

No.57 【自分による脱毛で引き起こされる皮膚の炎症】(2005.8.11)

ページのtopへ


アレルギー

No.326 【食物アレルギーをめぐっての方針の大転換】(2015.4.)

No.320 【スギ花粉症に対する舌下免疫療法について】(2014.2.18)

No.307 【食物アレルギーに対する新しい考え方】(2012.10.26)

No.306 【食物アレルギーに対する考え方の変更】(2012.9.15)

No.224 【蕁麻疹治療の実際】(2011.10.1)

No.222【ラテックスアレルギーについて】(2011.9.24)

No.119 【花粉症について】(2008.3.15)

No.93 【小麦の食物アレルギーについて】(2007.4.20)

No.41 【皮内テスト及びスクラッチテストとRAST検査との乖離(かいり)について】

No.18 【黒子について】(2000年10月1日)

No.04 【皮内テスト、スクラッチテストについて】

ページのtopへ


水痘症

No.163 【色素異常型単純型表皮水疱症】(2009.4.1)

No.100 【線状IgA水疱症について】(2007.6.15)

No.50 【線状IgA水疱症について】(20050708)

ページのtopへ


細菌感染症

No.102 【MRSAによる伝染性膿痂疹について】(2007.9.1)

No.15 【伝染性膿痂疹(とびひ)について】

ページのtopへ


ウイルス感染症

No.225 【2011年の手足口病について】(2011.10.1)

No.218 【C型肝炎のIFN治療時に出現する皮膚症状】(2011.3.29)

No.217 【C型肝炎患者に併発する皮膚症状】(2011.3.28)

No.209 【イボ(尋常性疣贅)の治療をめぐって】(2010.2.07)

No.80 【インフルエンザの予防注射について】(2006.1.10)

No.75 【インフルエンザについて】(2005.12.6)

ページのtopへ


炎症性表皮膿腫

No.145 【足蹠の炎症性表皮嚢腫(粉瘤)について】(2008.8.22)

No.99 【足底の炎症性表皮膿腫 3例】(2007.6.15)

No.48 【足底の表皮嚢腫について】(2005.7.8)

ページのtopへ


難治性皮膚病の治療

No.316 【経皮感作と食物アレルギーについて】(2013.11)

No.315 【加水分解コムギによる経皮感作について】(2013.9.20)

No.312 【島根の冬に多発するアナフィラキシー】(2013.9)

ページのtopへ


その他

No.337 【ビタミンD軟膏の新しい可能性】(2015.8.7)

No.331 【漢方薬について(全5タイトル) 尋常性痤傷の処方について】(2015.3.)

No.330 【漢方薬について(全5タイトル) 当院の漢方薬の使用状況について】(2015.3.)

No.329 【漢方薬について(全5タイトル) よく使う漢方処方】(2015.3.)

No.328 【漢方薬について(全5タイトル) 桑原皮フ科で漢方が有用だと思われる疾患について】(2015.3.)

No.327 【漢方薬について(全5タイトル) 漢方と出会ったきっかけ】(2015.3.)

No.324 【牛肉アレルギーとα-galを含む糖鎖について】(2015.2)

No.323 【ゴボウアレルギーとOAS】(2015.1)

No.322 【豆乳アレルギーとOAS】(2015.1)

No.317 【高コレストロール血症の患者への食事指導】(2013.11)

No.310 【30代女性、慢性疲労症候群患者【和温療法】モニターアンケートの結果】(2013.4.23)

No.308 【エクリン汗腺について】(2012.10.27)

No.302 【和温療法 重症度の高いアトピーの患者様モニター募集】(2012.9.1)

No.228 【2012年当院ならびにスキンメディカルケアセンターの本年の改善計画について】(2012.1.16)

No.226 【2011年のインフルエンザ予防接種について】(2011.10.25)

No.204 【Pilonidal cyst】(2009.12.10)

No.177 【扁平足に対する対応について】(2009.7.14)

No.176 【イエダニの大量発生か】(2009.6.25)

No.171 【クローン病にみられる結節性紅斑】(2009.5.22)

No.147 【手掌および足蹠の皮膚移植について】(2008.10.2)

No.141 【モンドール病(Mondor disease)の症例について】(2008.6.12)

No.116 【耳介のピアスによる耳介軟骨炎の2症例について】(2008.1.28)

No.103 【ダーモスコピー診察の際の効果】(2007.9.8)

No.97 【顔面播種状粟粒性狼瘡の2症例について】(2007.5.19)

No.61 【エクリン汗嚢腫について】(2005.9.13

No.47 【拒食症の患者さんに診られた発疹】(2005.6.1)

No.46 【日本人の生活パターンの変化をめぐって】(2005.6.1)

No.45 【ジェネリック薬品についての問題点】(2005.6.1)

No.10 【膜様異汗症について】

桑原皮フ科クリニック入口医療法人みやこ会
桑原皮フ科クリニック
〒188-0001
東京都西東京市谷戸町3-28-16
パークシティーひばりが丘1F
Tel.0424-23-1232
Fax.0424-23-3400

 

桑原メディカルケアセンター

 

 

インターネット予約サービス

インターネット予約サービスQRコード
順番が近づくとメールでお知らせ
インターネットから予約ができるシステムです。ご自宅や外出先から事前に空き状況を確認し、ご都合に合わせた予約ができます。
また、ご希望の方には診察時間が近づいたことをご希望のメールアドレスに通知する『お知らせコール』もご利用いただけます。予約忘れ防止に役立ちます。

パソコンからも予約ができます
→http://kuwa-hihu.atat.jp/